Nobeyamaso Now

湯川で雨宿り

image48

ジュリー君も回復してきたので、涼しい川べりでも歩いてアウトドアランチでもしようかと海尻の湯川渓谷に出かけました。
相変わらずの悪路をゆっくり進み終点まで。そこでテーブルを広げてお昼をいただきました。さてそれでは川に降りて、川べり
でも歩こうかと進むと急に暗くなり、雨が降ってきてしまいました。夏の通り雨だとわかっているのですが、だんだん強くなり
雨具も持っていないので雨宿りをするはめに。小さな岩穴を見つけてジュリーと逃げ込みました。5分、10分と待つものの
なかなか止まず、とうとう小雨状態を待って退散することに。自分もジュリーも濡れてしまったので早々に車に引き上げでした。
久々の湯川渓谷のお散歩もさみしい結末。でもジュリーも元気そうなのでまたの機会に再チャレンジだね。

2022年08月02日

ラムちゃんの異変

Rum-chan

7/19(火)今度はスコティッシュストレートのラムちゃんに異変が起きました。まったく食べず水は飲んでいるようなのですがトイレを2日ほどしません。かかりつけの野辺山動物病院は予約の手術で忙しく、見てもらったのは3日後くらいでした。案の定、腎臓の値が極端に悪くすぐ入院。食べないので点滴で栄養補給と投薬。これで回復しなければ腎不全で長くはもたないかもとの診断でガックリ。心配しましたが3日ほどの入院で回復が見られ、自宅の方がストレスも少ないしょうということで退院。2日おきに点滴に通うことに。おかげで顔つきも少ししっかりしてきて、ほんのちょっとゼリー状のエサも食べるようになりました。安心はできませんが急な危機は乗り越えたようです。ラムちゃん12歳。猫としてはもう少し長生きしてほしいです。なにしろ一番の接客係なので頼りにしているんです。も少しがんばってね。

2022年08月01日

ジュリーの異変

jean11

7月3日夜。ジュリーの様子が変です。何か苦しそうでうろつきまわり、泡を吹いています。日曜日のため探しましたが動物病院は電話も出ません。付き添ってその晩はなんとか明かしました。翌日、診てもらうと胃捻転で、今生きているのが奇跡ですと言われ、即手術となりました。その日は何も手につかず入院3日。難しい手術でしたが術後の経過も奇跡的によく、退院できました。食事や投薬が大変ですが、なんとか復活できそうです。ジュリーも13歳。無理もないかと思いますが、ジュリーのいない野辺山荘なんて考えられません。看板犬としてもう少し頑張ってね。

2022年07月20日