主人のぐだぐだブログ

野辺山荘主人のこのごろを時々綴ります。

スタンダードプードルとカーライフとキャンピングライフについてのグダグダ話はこちら➡ EXITE blog‼

更新一覧

妙高高原ビジターセンターへ

22-10-4myoko

平日のお休みに妙高高原のいもり池に昨年出来たビジターセンターに行ってきました。ジュリーとジャックも連れて行きました。

ジャックの寝場所を確保するためにシトロエンピカソのラゲッジにクッションを敷き詰めて、寝返りのうてるスペースを確保し

ジュリーはリアシートを独り占め。2時間半ほどかかるのですが、ジャックもなんとか大丈夫でした。15歳で足ではほとんど立てず

目も白内障で見えません。5時間ごとにトイレに連れ出します。黒のスタンプーですがまだ食欲のあるのが救いです。

天気も良く暑い位の日でした。いもり池はジュリーと一周し、一軒家の食堂でキナ粉ソフトを食べました。ビジターセンターは

立派な建物で環境省の看板を掲げています。中にノースフェースのお店がありました。カフェもありコーヒーを飲みながら巨大な

パノラマウインドーから妙高山が一望できます。公共施設お決まりの立派な動植物の展示もみられます。

実はここは私が幼少期を過ごしたふるさとなので思い出が一杯で、毎年恒例のように来ています。春の姫タケノコが美味しいんですよ。

ジュリーも旅先では歩きます。近所の散歩はいかないそうです。そんな楽しい時間を過ごして無事に帰って来ました。また来年の

タケノコの時期(6月)には行きたいですね。

 

2022年10月07日

ジュリー高登谷山に挑戦

image52

先日、お休みにジュリーを連れて川上村の高登谷山に行ってみようということになり、出かけてきました。登山口はあまり踏み後もなく、
尾根道の登りで結構険しかったです。なんとかジュリーを休ませながら登ったのですが山頂に近づくにつれ、急登で岩も大きくなり、
ジュリーの足では無理のようでした。担ぎあげるわけにもいかず、大変残念でしたが途中断念して引き返しました。家内だけ山頂まで行ってきました。
私とジュリーは後戻りし高登谷湖という名のため池に行ってみました。ニジマスが釣れるらしく、おじいさん二人が釣りをしていました。
太陽は出ていましたが、台風11号の影響で風が大変強く、運動するには涼しくて良かったです。静かな水辺で人もいないのでピクニックには
良さそうです。ランチも持参してたのですが、思いのほか時間をくってしまったので、家で待つジャックのことが心配でそそくさと帰ってきました。
なにしろ5時間ごとにトイレに連れ出してやらねばならない介護犬なので気がかりでしかたないのです。一応マナーベルトはしておいたのですが、
トイレは間に合いました。よかったよかった。ジュリーはやはりもう少し平坦なコースが良いですね。またコースを変えてチャレンジしようと思います。

2022年09月09日

コスモス

kosumosu1

何とかお盆を乗り切りましたが、やっぱり色々ありました。フー。
野辺山ではもうコスモスの季節。お昼寝でウトウトすると寒くなってくしゃみが出たりするんですよ。季節の移ろいは早いですね。

2022年08月22日

湯川で雨宿り

image48

ジュリー君も回復してきたので、涼しい川べりでも歩いてアウトドアランチでもしようかと海尻の湯川渓谷に出かけました。
相変わらずの悪路をゆっくり進み終点まで。そこでテーブルを広げてお昼をいただきました。さてそれでは川に降りて、川べり
でも歩こうかと進むと急に暗くなり、雨が降ってきてしまいました。夏の通り雨だとわかっているのですが、だんだん強くなり
雨具も持っていないので雨宿りをするはめに。小さな岩穴を見つけてジュリーと逃げ込みました。5分、10分と待つものの
なかなか止まず、とうとう小雨状態を待って退散することに。自分もジュリーも濡れてしまったので早々に車に引き上げでした。
久々の湯川渓谷のお散歩もさみしい結末。でもジュリーも元気そうなのでまたの機会に再チャレンジだね。

2022年08月02日

ラムちゃんの異変

Rum-chan

7/19(火)今度はスコティッシュストレートのラムちゃんに異変が起きました。まったく食べず水は飲んでいるようなのですがトイレを2日ほどしません。かかりつけの野辺山動物病院は予約の手術で忙しく、見てもらったのは3日後くらいでした。案の定、腎臓の値が極端に悪くすぐ入院。食べないので点滴で栄養補給と投薬。これで回復しなければ腎不全で長くはもたないかもとの診断でガックリ。心配しましたが3日ほどの入院で回復が見られ、自宅の方がストレスも少ないしょうということで退院。2日おきに点滴に通うことに。おかげで顔つきも少ししっかりしてきて、ほんのちょっとゼリー状のエサも食べるようになりました。安心はできませんが急な危機は乗り越えたようです。ラムちゃん12歳。猫としてはもう少し長生きしてほしいです。なにしろ一番の接客係なので頼りにしているんです。も少しがんばってね。

2022年08月01日
» 続きを読む